【置き換えダイエットのデメリット6つ!】リバウンドを避ける為のマインド計画とコツ

ダイエットは減量だけがメリットではありません。

ただ体重を落とせばいいというだけではなく、健康的に痩せて美容効果も期待できるダイエット食品が増えてダイエットのメリット部分が多くなっています。

置き換えダイエットは、手軽に始められ初心者でも楽に無理なく痩せることが出来るとして人気のダイエット方法ですが、そのメリットは、

・無理なくしっかり痩せられる
・はっきりと効果を感じやすい
・ダイエットが苦手でも大丈夫
・ダイエットだけでなく健康や美容にも効果がある

と言われていますが、逆に置き替えダイエットにはデメリットもあります。

今回は、置き換えダイエットのデメリットである6つの詳細をご紹介させていただきます。

置き換えダイエットのデメリットとは?

置き換えダイエットとは、朝食、昼食、夕食、間食(おやつ、夜食)のいずれかの食事とドリンク系ダイエット食品とを置き換えるダイエット方法のことです。

今はシェイクスムージー青汁酵素ドリンクコンブチャチラコイドなどのドリンク系ダイエット食品が人気となっています。

一番減量効果が期待できるのは、1日の内でもっとも摂取カロリーが高いと言われる夕食時に置き換えることです。

朝食時に置き換えダイエットをする人も多くいますが、1日の始まりである朝食を低カロリーのドリンク系ダイエットと置き換えると、1日のスタート時のエネルギー量が不足してしまう為、勉強や仕事に支障が出る恐れがあります。

朝食はドリンク系ダイエット食品ではなく普通の朝食の食事を摂るべきと言われています。

そして、置き換えダイエットにはデメリット(弱点)も存在します。

・人によっては空腹が大変なストレス
・計画的にやらないと体調を崩す
・長期的な継続が必要!
・急激な減量ではなく、ゆるやかに痩せる!
・コストがかかる!
・リバウンドの恐れがある
…etc

置き換えダイエットに限らず、ダイエットには人によって色々なデメリットが出てきますが、そのデメリットを知ることで、ダイエット成功の為の対策の勉強にもなります。

今回は、上記に書いた6つの置き換えダイエットのデメリットを見ていきましょう!!

人によっては空腹が大変なストレス

ダイエットは以外にも食事が9割関係していると言われています。
運動だけではあまりダイエット効果はないということですね。

食事でダイエットをする場合は、置き換えダイエットやファスティングダイエット(断食)が主流ですが、どちらも食事の代わりに低カロリーなダイエット食品とを置き換えることで減量効果に期待ができます。

初めての内は、食べたい食事を食べられないストレスや、空腹によるストレスに襲われることがあります。

特に1日のすべての食事を置き換えるファスティングダイエット(断食)ではストレスがより強いです。

始めは比較的ストレスの少ない置き換えダイエットから開始しましょう。

置き換えダイエットは夕食時と置き換えることが一番減量効果を期待できますが、それも初めの慣れていない内はストレスになってしまうので、初めはおかずの量を減らして置き換えることからスタートし、
徐々に夕食すべてと置き換えることがゴールになるように時間をかけて慣らしていくのがいいでしょう。

計画的にやらないと体調を崩す

これもストレスと一緒ですね。
いきなり夕食すべてをダイエット食品と置き換えるとストレスになり、人によっては体調不良を引き起こします。
またダイエット食品の効き初めに見られる現象として好転反応(腹痛など)があります。

好転反応は副作用でもなんでもなく一時的なモノで神経質になる必要はありません。

週に3回、夕食時の食事の量を減らして置き換える。
慣れたら週に4回、夕食時の食事すべてと置き換える。

など、計画をたててから置き換えダイエットをスタートするといいでしょう。

※しかし、最初から厳しめの計画はしないように、十分達成できる余裕のある計画を立てましょう。

長期的な継続が必要!

1日や2日間の短期断食で短期間でも減量効果に期待ができるファスティングダイエット(断食)に比べ、1日の中の1食の食事を置き換える置き換えダイエットは長期的な継続が必要です。

飽き性な方、めんどくさがり屋の方には向かないかもしれませんね(;´Д`)

急激な減量ではなく、ゆるやかに痩せる!

ファスティングダイエット(断食)は急激な減量も十分期待できますが、置き換えダイエットは急激な減量はできません。

長い時間継続的に実践することで、ゆるやかに痩せていきます。

1、2日続けただけでは効果もまったくありません。

コストがかかる!

置き換えダイエットは長期的な継続によりゆるやかに痩せていくダイエット方法なので、その分ダイエット食品を購入するコストもかかります。

置き換えダイエットにはドリンク系ダイエット食品を使用するのが主流となっていますが、長期的に続ける場合はそれなりに高額なコストとなります。
楽天やアマゾンでの単品購入ではなく、公式ページで数カ月継続の定期購入をすると割引などの特権がある商品を購入することをオススメします。

リバウンドの恐れがある

置き換えダイエットに限らず、全てのダイエットのデメリットとなるのがリバウンドです。
リバウンドを避けるためには、自分でダイエットに対するマインド( 心、精神、意識)の管理をしっかりしてみましょう。

なぜ痩せたいのか…

なぜ痩せたいのか思い浮かべてみて下さい。

・夏にお気に入りのブランドの水着を着たい!

・彼氏に痩せた私を見て欲しい!

ダイエットの目標体重

ダイエットの目標体重や何キロ痩せたいですか?

・半年までに5キロ痩せる!

・3カ月で妊娠前の体重に戻す!

無理のない置き換えダイエット方法を計画する

・初めの1週間は夕食のおかずを減らしてスムージーと置き換える。

・その後から夕食すべてと置き換える。

・1週間の内、水曜日と日曜日は置き換えダイエットをしない。

 

など、自分で無理のないダイエット計画や目標をしっかり決めて、実践中にもしっかりと見直し、今一度自分のダイエットに対するマインドを戒めることが必要です。

置き換えダイエットは初心者でも手軽に無理なく始められ、人気のダイエット方法ですが、デメリットをきちんと押さえておくことで、よりよいダイエット効果を得られるようになるでしょう。

【スポンサードリンク】