【太りすぎの女は恋愛対象外?】男のホンネに耳を傾けよう!

こんにちわ!!
kiraraです(*’▽’)

今日は、私自身の体験談から、太りすぎの女の恋愛事情や男性からどう思われているのかについてシェアさせて頂きます!!

太りすぎじゃなくてく、ちょいぽちゃでも当てはまる話だと思うのでぜひご覧ください。

【太りすぎの女は恋愛対象外?】男のホンネに耳を傾けよう!

私は生まれた時~幼少期まではごく普通体型でした。

運動も人並みに好きで、よく近所の仲のいい男の子たちと外を走り回って元気いっぱいでした。

そんな私がだんだん太り始めたきっかけは、幼稚園の年長からピアノ、習字をそれぞれ週2回習ったことでした。

それまでひたすら毎日毎日外で走り回りながら男の子たちと遊んでいた私ですが、ピアノ、習字という身体をあまり動かさない習い事を始めたことにより、いつしか身体を動かす時間がだんだんと減っていきました。

習字はただ習い事の時だけで、家に帰って練習!!ってことはなかったのですが、ピアノは大きい会館で発表会のある習い事…
家でピアノの練習する時間も必然的に増えていきました。

ピアノの練習をしていると、外では近所の男の子たちが前と変わらず遊びながら走り回っている声…

でも、ピアノが嫌いなわけではなかったし、習い事を習い始めてから確かに外で遊ぶ時間は少なくなったものの完全に男の子たちと遊ぶ環境が無くなったわけではなかったので、習い事7、遊び3という感じの毎日を小学校低学年まで過ごしていました。

この時期はやはり体を動かす時間が多少なり減ったのもあるからか体型も普通~ちょいポチャ気味になっていましたが、太りすぎまではいってなく私もそれほど自分の体形について考えることもありませんでした。

 小学校2、3年生で身長125センチあたり、体重30キロくらいでした。 

小学校高学年から体重が増え始める…

小学校3年生まではピアノと習字の習い事を週に4回していた私でしたが、小学校4年生になるとだんだんと勉強についていけなくなり始めました。
特に算数は超絶的に苦手で、よくて70点台…50点を下回ることもちょいちょい出てきたために、母が心配し始めました。

『4年生でこの点数なら、5年6年…中学となった時もっともっとついていけなくなり算数(数学)の点数が悪くなるのでは?』

大人になった私も、当時母が心配してしまった気持ちは痛いほどわかります。
まだ取り返しのつく今から、少しでも皆についていけるように間に合う内から軌道修正しなくちゃ…と、考えてしまいますよね…(;´・ω・)

小学校4年生で成績が下がったことにより、ピアノ、習字の習い事の他に週に2回の塾も増えました。

・ピアノ 月、水

・習字 火、金

・塾 木、土

と、1週間で予定のない日は日曜日だけとなりました。

習い事がある日は小学校が終わったら休む暇もなくそれぞれの習い事に通っていました。

小学校4年生から、外で遊ぶのは日曜日だけになってしまいました。
ますます身体を動かす時間が無くなってしまったことになります。

案の定、私の体重はみるみる増えていき、

 小学校6年生の終わりごろには、身長150センチ、体重60キロと3、4年前の2倍の体重になっていました。 

小学校6年生ともなると、やはり好きな男の子や気になる男の子も1人2人出てきますよね。

でもまだ思春期までは入っていなく、恋愛とかではないんですよね…

バレンタインデーのチョコなんかも学校は持ち込み禁止でしたし…

でも、ある日私は当時1番気になっていた男子の口から衝撃的な一言を聞いてしまうことになるんです。

太ってる女ってなんかヤダ?

幼少期から身体を動かす時間が徐々に削られていった私…

その為にどんどん体重が増えていき、

『太ってきたな~』

って自覚はあるものの、当時はダイエットのダの文字も出ておらず、自分の見た目や美容とかに興味もなかった私…

まだ小学生だったから仕方ないのもありますが…(;´▽`A“

でも、とうとう私は太りすぎているんだとイヤでも自覚することになってしまったんです。

それは、小学校6年生の時の体育の授業中、運動会の練習中のことでした。

私の学校では6年生の時に組体操がありました。

体重の重い私は、組体操のすべてて下側(支える側)だったのですが、2段ベッドや、逆立ちなど2人2組の時は、私と組になった子が私を支えなきゃいけないワケです。

組になる子は、必然的に背丈、体重が同じくらいの子と割り当てられるのですが、当時私は学年で1番のおデブちゃんになっていたんです…orz

私と組になった子は私と背丈、体重が同じくらいとは言え、私と5キロ以上は差があったのでは?

と思います。

その子は女の子で、私と中も良かったので私に文句は言わないものの、あからさまに私と組になったことでブルーな雰囲気が出ていました。

そりゃ~イヤですよね…

だって学年1のおデブちゃんを支えなきゃいけない…重いし…(;´・ω・)

私もその時ばかりは心の中で太っている自分に恥ずかしさが出てきました。

さらに、組体操でなかなか逆立ちが成功しない私は、皆の前で何度も挑戦させられ、

恥ずかしさMAX!!

皆が私に注目し、なんかヒソヒソ話をしているのがわかります。

当時好きで気になっていた男の子も、何回も逆立ちの練習をさせられる私を見て隣の男の子とケタケタ笑いながら、

『デブだからできねーんだよ!!太ってる女ってなんかヤダ!』

って言っているのが聞こえました。

 

この時、私は頭が真っ白になりました。

 

好きで気になっていた男の子に告白してフられて失恋した感じがしたんですよね…

その後、何日かショックで眠れなかったのを今でも覚えています。

太ってる女は恋愛対象外

『太っている女は恋愛対象外』

そう言われたのも同然なんですよね…

告白もしていないのにフラれてしまった感じですね…苦笑)

それ以来、けっこう明るいキャラだった私は、

『他人にどう思われているんだろう?』

『あの子も私はデブって思ってるのかな?』

って考えてしまうようになり性格もガラっと暗くなっていきました。

太っていることを自覚するのが一番大事!

私は、幼稚園年長から習い事をし始め身体を動かすことが徐々に減っていったのが体重増加の原因の一因だと思っています。

そして、太っているという自覚をしたのは小学校6年生の時でした。

まだ小学生だったので、美容とかダイエットとかに興味がないのも無理はないですが、ちょっと自覚するの遅すぎですよね…(;´▽`A

しかも、自覚したきっかけは気になっていた好きな男の子の一言…

自覚せざる負えない状況ですよね。

当時の私は相当なショックを受けました。

でも、当時の私はダイエットをしようにも今と違いネットが無い情報不足の時代で、結局太った体型は高校卒業あたりまで続くことになりました。

今だから当時の私にオススメしたいこと

当時、太っているという自覚がありながらも、情報不足でダイエットのやり方がわからなった私に、今の私が言えることがあります。

 

ダイエットって難しいって声が沢山出ているけど、本当は結構簡単だということ。

 

運動や食事制限などの自分自身にとってとても苦しいことをしてダイエットに励む方は多いと思うのですが、それって凄く大変じゃないですか??

 

そうしなきゃ痩せないって誰が言ったのでしょう??

 

もし、当時の私がダイエット=運動・食事制限という情報を持っていたなら、私もきっと運動と食事制限をして辛い思いをいながらダイエットに励んでいたと思います。

でも、それで結果が出なかった時、今までの運動や食事制限はなんだったんだと…何をしたら痩せるんだ…私は一生痩せないのかな…って疑心暗鬼になっていたと思います。

今は、ネット社会になり、ダイエットの方法も沢山の情報手に入ります。

今の私は、当時の私にオススメするダイエットは、しんどくて辛い運動や、食事制限のダイエットじゃない、サプリメントダイエットをオススメします。

太っている女は恋愛対象外はホント?

私が小学校6年生の時に好きで気になっていた男の子…

その子は太っている女は恋愛対象外だったようですね…(;・∀・)

でも、現実太っている女の子よりもモテるのは普通や痩せている女の子ですよね。

太っている女の子で恋愛対象になるには、性格が良い女の子とか、そもそも太っている女の子が好きな男性くらいでしょうか…

世間一般は普通~痩せている女の子が好きなんですね~…

太っている女は恋愛対象外とは一概には言えませんが、そう思っていた方が自分の戒めにもなりますし無駄な期待や私のようにショックを受けない為にもいいかもしれませんね…(-_-;)

懐かしい青い時代のお話でした😭

【スポンサードリンク】