【置き換えダイエット中にお酒は絶対飲むな!】必ずダイエット失敗するアルコールの怖さ

置き換えダイエット中にビールや酎ハイなどのアルコールが入ったお酒を飲んでもいいのか気になりませんか??

たしかに最近ではカロリーが低いお酒も販売されているし、置き換えダイエット中でもお酒は飲んでも大丈夫な感じがしますが…

でも正解はNOです。

置き換えダイエット中にアルコールの入っているお酒は飲んではいけません!!
しかも第三お酒と言われている糖類0、プリン体0、カロリーオフのお酒も同じく飲んではいけません!!

その理由を書いていきたいと思います。

【置き換えダイエット中にお酒は絶対飲むな!】必ずダイエット失敗するアルコールの怖さ

【ビール腹】という言葉があるくらいなのでビールを始めお酒は太りやすいイメージがありますよね。

最近では健康志向の商品として低カロリーなお酒も販売されていますが、
置き換えダイエット中にはいくら低カロリーでもお酒は絶対に飲んではいけません。

確かに、低カロリーのお酒なら飲んでも体重的には増加はしないと思いますが、問題はお酒のカロリーではなくアルコールなんです。

アルコールを分解するのは肝臓の役割です。

肝臓はアルコールを分解するために、他の必要な日々の代謝を後回しにしてしまう特徴があります。

お酒を飲むとトイレが近くなりませんか??
それは、肝臓が他の代謝を後回しにしてアルコールを優先的に分解しているからです。

その結果、体脂肪の減りが遅くなったり、髪や皮膚、爪等の再生はアルコールの毒素排出に肝機能が回るため影響は強くでてしまうんです。

アルコールを含むお酒を飲むと、後々美容面にも影響が出てしまうんです。

第三のお酒と言われる糖類0、プリン体0、カロリーオフのお酒も同じく飲まないようにしましょう!!

お酒を飲んで置き換えダイエットをするとどうなる??

置き換えダイエット中にお酒を飲んだらダメなのは知ってるけど、私は無類のお酒好き!!

お酒をやめるなんてできない!!

って方もいますが、お酒を飲みながら置き換えダイエットをしても、飲まない人に比べ明らかに見た目の痩せ方に差が出てしまいます。

お酒に含まれるアルコール分解に肝臓がフル回転し、体内の毒素排出にブドウ糖(糖質)を大量に消費します。

置き換えダイエットは言い換えると【糖質制限のダイエット方法】です。

ただでさえ糖質を制限している状態なのに、お酒を飲むことで余計に糖質を失うことになるんです。

そんな時に、肝臓はデトックス(解毒)のために少しでもブドウ糖を蓄えようと肝臓に溜めようとします。
それが肝脂肪とよばれるウエスト周りの肉になります。
ビール腹と呼ばれる理由です。

置き換えダイエットをしながらお酒を飲むと、ウエストの周りのお肉は減らず、お酒が飲まない人と明らかに見た目の痩せ方が変わってくるんです。

特に女性なら、きゅっとしたウエストに憧れませんか??

せっかく痩せてもくびれのない丸太のようなウエストでは魅力も半減してしまいますね…(;´∀`)

それでもお酒を飲みたい!そんな時の置き換えダイエット方法は?

ウエストのお肉がなかなか取れない…
あまりいいことのない置き換えダイエット中のお酒ですが、
お酒好きが急にお酒をやめるのも無理な話ですよね。

逆にストレスになりかねません。

そんな時は、ほんの少しならお酒を飲んでも大丈夫ですが、以下の2点を守って下さい。

・疲れている時に飲まない

・休日に軽く飲む

それでは詳しく説明していきますね★

疲れている時は飲まない

お酒のアルコールを分解するのに働いている肝臓は疲労回復の役割も果たしてくれます。

仕事などで疲れている時にお酒を飲むと、肝臓はアルコールの分解に疲労回復にオーバーヒートしちゃいます。
肝臓に負担が掛かるため、疲れている時は疲労回復を優先し、お酒を飲まないように心がけましょう。

休日に軽く飲む

仕事の休日、疲労もしていない時間帯にちょっと嗜む程度にお酒を飲むとストレス解消にもなり身体にも一番負担はかかりません。

しかしできれば昼間に飲むことをおすすめします。
夜に飲むと睡眠中でも肝臓はアルコールの分解で休息が摂れません。

まとめ

置き換えダイエット中にお酒を飲むのはオススメできません×

第三のお酒と言われる糖類0、プリン体0、カロリーオフのお酒も同じく飲んではいけません!!

お酒を飲みながら置き換えダイエットをすると、肝臓に負担をかけるだけでなく、逆にお腹周りに脂肪がつきやすくなってしまいます。

きゅっとしたくびれたウエストとはほど遠い、丸太のようなメリハリのないスタイルになってしまいますよ??

それでもお酒をいきなりやめると逆にストレスの素に…

そんな時は、休日のつかれていないお昼時に軽く嗜む程度に飲むのがいいでしょう。

今ではノンアルコールビールやノンアルコール酎ハイなども販売されていますから、ノンアルコールの商品を飲むのも手ですね★


【スポンサードリンク】